TEDで英語の勉強(2) – 私たちは自分の決断をコントロールしているか?

投稿日:2011年11月03日

image

タイトル「Dan Ariely asks, Are we in control of our own decisions? (私たちは自分の決断をコントロールしているか?)」

Dining Without Crumbs: The Art of Eating Over the Sink

Crumbs: 食べ物のくず。

I had a sabbatical

subbatical (大学教授などに与えられる)長期休暇

I’ve known really heighs of obssesive behavior I never though about

偏執的な行動の高み

Can anybody see anything but the left one being lonnger ?

特に難しい単語はないもの、すっと理解できなかったのでメモ

in cognitive illusion its’s much, much harder to demonstrate to people the mistakes.

認知の(コグニティブ)。visual illusion に対比的に使用.

You knows the expression, “Begging only gets you so far” ?

~ only get you so far  という表現で、「ある程度までしか導いてくれない」
という意味。お願いするだけでは、ある程度までしか行かない。という意味。

Thankfully nobody wanted the dominated option.

主役の。”支配的な””圧倒している”的な使い方以外に少数ながら”主役の”という使い方があった。

You did not try ibuprofen

イブプロフェン(アイビープロフンと聞こえる)

We’re susceptible to all of these infuences from the external forces.

be susceptible to ~に影響を受けやすい

If you ever go bar-hopping, who do you want to take with you ?

飲み歩く(イディオムとして存在する)。ever は、ever after 的な ever の使い方

There is a silver lining

希望の兆し

The behavioral economics perspective is slightly less generous to people

寛大な

感想

「予想通りに不合理」の著者、ダン・アリエリー氏の講演。
本の内容から幾つかピックアップしているようで、確か本にも載っていたな・・・という記憶に残っている例が幾つか。
内容は文句なく面白い。

英語は、can’t の発音を “カント”とイギリス英語として発音していた。が、普通の can は、”キャン”に聞こえた。